住んでいる建売分譲住宅は、日当たりがイマイチ

今住んでいる我が家はすでに築30年たっている新しいとは言えない建売分譲住宅です。この家に来たのは両親が買ったからですが、引っ越した理由は前に住んでいた家が区画整理で立ち退かなくてはならなかったためで、前の家には1年も住んでいませんでした。でも前の家の区域で通っていた学校に今の家から通っていたため、今の家のすぐ近くに小学校があったけれども私は遠くの小学校に通っていました。そんなせいもあって、近所の同世代の人とは全く交流がなく、家にもあまりなじめない気がしていました。

もともと前の家、今住んでいる家を含め、この現在居住している地域に引っ越してきた理由というのが、母の友人が近所にいてその友人が勧めてくれたことがきっかけだったのです。でもその友人はご主人の仕事の都合で私たちがこの地域に引っ越してきてから1年もしないうちに引っ越してしまって結局母が期待していた友人が近所にいるという生活は実現しませんでした。とは言うものの、縁というのは人間のつながりのことだけでなく、不動産にも言えることだと思います。友人の勧めで引っ越してきたというのは何かの縁あって結局この家に住んで30年の月日が流れているのですから。

小さかった弟が大きくなり子供部屋から自分の部屋が必要になって増築もしました。1階にはリビングとダイニングキッチン、洋間1つ、2階には6畳の部屋2つという広さでしたが、やはりもう1部屋必要だったのです。庭はその分狭くなりましたが、家の住み心地は快適になりました。やはり大きくなると自分だけのスペースが必要なのです。外装、内装もきれいにして、お風呂も取り換え、キッチン、リビングのリフォームもして見違えるようにきれいな家になったと思っています。

家のローンはもう返済し終わっていますが、返済時には月10万近く支払っていました。住んでみて気づいた点はお風呂やお手洗いの部分は日当たりがいいのにキッチンやリビングは日当たりが悪く、冬は冷え冷えとしているという点です。不動産屋さんに聞いてみると平気な顔をして設計ミスでしょうねといっていました。今だったら問題にするところなのでしょうけれど、母は苦情が言えない人なのでそのまま暮らしているというわけです。また、JR,私鉄の駅の利用が可能ですが、両方とも距離が離れているため、バスか自転車を使わなくてはならないのが不便です。

次回家を選ぶとしたら、駅に近いところ、日当たりのいいところにしたいと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です