実家に近い場所をと思ったら、家具選びに苦労する毎日

現在、京都の一軒家に住んでいます。
家探しの基準としては、実家から近い場所であることと最寄駅からできるだけ近いこと、猫を2匹飼っていて家中傷だらけになるためどうせ住むなら賃貸よりも一軒家の方が良いだろうと思い決定しています。
条件に合う家がなかなか見つかりませんでしたが、根気よく探した結果実家から徒歩10分くらいの分譲住宅を購入することが出来ました。
家賃はローンを組み毎月9万円程度返済で部屋は3LDKです。
綺麗な部屋や広いキッチンにしたいと思っていて最初はがんばっていましたが、時間が経つに連れてそういうことよりも過ごしやすい家の方がいいなと思い始めました。
また、住み始めた当初は当然ながら綺麗だったのですが、子供も産まれ大きくなってくると、毎日部屋の中が荒らされてしまいます。
家が広いとこんなにも掃除が大変なのかと時間しています。
ただ、掃除せず放っておくとどんどん荒れてしまい、掃除をしないといけないと分かっていてもすぐ荒らされるのでさぼってしまったりと悪循環に陥ってしまう時もあり、後々の掃除がものすごく大変になってしまうこともあります。
収納付きの掘りごたつがあるという少し珍しい感じの家なのですが、色々なところに収納が多くあるのは助かるのですが、最近は子供が勝手に収納を引き出して、遊んでて転んでしまい頭をぶつけたりと何かと怪我をしやすいなと思います。家具の角も結構あるので、ぶつけても怪我をしないようにするとか対応が結構大変だなと思っています。
一軒家の前は賃貸に住んでいましたが部屋は角が目立たないような作りになっているものが多く、一軒家を選ぶときに角が無いというポイントも併せて考えれらていれば良かったなと少し後悔もしています。
また、壁と床が白で統一されているので、白以外の家具等が雰囲気に合わず、家具の購入で制限がかかってしまうことが多くそれなりに家具選びに苦労しています。
といってもこれらの若干の不満は工夫ひとつでどうにでもなることだと思いますし、家探しの基準であった実家から近いことや駅から近いことは、やはり利便性が良いため、今の家には十分満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です